ポケカV MAX クライマックス5BOX その他 最新作の

SAKE
ポンチョを着たイーブイ リーフィアver.未開封,

ポケカV MAX クライマックス5BOX 最新作の

ポケカV MAX クライマックス5BOX
新品未開封品ですがシュリンク無しです。 ポケモンセンター池袋で購入いたしましたが 購入時レジでシュリンク剥がされました。 製造ナンバーは箱ごとに一致しておりますので 宜しくお願い致します。 過去にもシュリンク無しの、トレカ販売ありますが クレームなどのトラブルはございません。 信頼して頂ける方のみご購入ご検討下さい。 宜しくお願い致します。

ポケカV MAX クライマックス5BOX その他 最新作の

ポケカV MAX クライマックス5BOX その他 最新作の

ポケカV MAX クライマックス5BOX その他 最新作の

  • 3.00

    ストーリー展開は良かったが敵の設定が陳腐すぎた

    persona

    幾つもの謎とどんでん返しの連続で観る者を飽きさせないストーリー展開は良かった。だが敵側の目的が安っぽいスパイ物と変わらず、大いに失望させられた。主人公ソルトが旧ソヴィエト時代のスリーパーという設定は面白かった。前半は観客に本当にスパイなのか疑心暗鬼にさせ、後半に入ってから彼女が仲間を皆殺しにすることで彼女の真意は何かと考えさせる。アメリカ側の人間に対し、ソルトは一人も殺害していない(発砲しても致命傷は負わせていない)ことからも彼女はアメリカに敵対してはいないことを示していた。ホワイトハウスに入り、物語も佳境に突入。ソルトの知らない、スリーパーは誰なのか。答えはあっさりと示されるが、ここはもう少し引っ張れなかったのだろうか。観客にじっくりと考えさせても良かったのではないかと思った。ソルトは最後まで二重スパイと疑われたままただ一人彼女を信じた男によって脱出するエピローグは続編を意識させたものであろうが、個人的にはきっちり決着をつけた終わり方にすべきであったと思う。アンジェリーナ・ジョリーの演技はそれなりに良かったがスリーパーという役柄のためか今一つ感情が表に出ておらず、観ていてあまり感情移入できなかった(ソルト役は当初、トム・クルーズが予定されていたそうだが彼が降板したため、性別を変更して彼女が演じることになったそうだ。トム・クルーズはスパイ物の役が多すぎていい加減、食傷気味なのでこれでよかったと思う)。脚本は良かったのだが前述の通り、敵の設定をもう少し、工夫していれば良かったと思う。この作品は物語の状況変化を中心に描くスタイルのため、登場人物は丁寧に描かれておらず、ソルト以外影が薄い。ソルトはマイクを真実愛していたのだろうが作中の回想場面ではそれがはっきりと表れていない。二人の密接な関係(折角、アンジェリーナ・ジョリーを起用したのだし)をしっかりと描いておくべきであったのではと思う。演出の出来は今一に感じた。ストーリー構成が淡々としていて、スリリングさがあまり感じられなかった。

  • 4.00

    久しぶりの当たりでした

    イーグル

    途中は意味が分からなくなりましたが、なかなか面白い出来でした。しかし、警察や捜査官をこれだけ殺して正義の味方と言えるのかは、疑問です

  • 3.00

    筋書きに無理がある。

    小林 正夫

    荒唐無稽すぎる。

  • 4.00

    見応えのある映画だけど、やっぱ悪役がミサイルを打つと、カウントダウンは長い。

    小島 耕作

    見応えのある映画だけど、やっぱ悪役がミサイルを打つと、カウントダウンは長い。

  • 4.00

    女優の存在感が半端ない!

    とんぷく丸

    プロットも壮大で面白いですが、この映画の魅力は主役の女優だと思います。凄いですよ〜。

  • 5.00

    テンポ良く展開する正統派アクション

    月下乃讀書人

    正統派アクションで話の筋も中々良かったです。先ず、近頃のMIの様にCG/VFXを乱発せずに演技の限界に挑戦してしっかりとアクションの本流を行って居る所がいいですね。CG/VFXが多用されると却ってリアリティが失せるし、忙しなくて見て居て疲ますが、本作は適度なテンションの起伏でさっぱりした感じで、變装で場面の切り替えも小氣味が良いですね。伏線の張り方やドンデン返しの意外性にも無理筋とか唐突感が無くて、なるほどねぇ、と納得。 冷徹ではあっても冷酷では無いほんのりした優しさがあるので、近頃の作品に少なく無い人間觧躰的な後味の惡さが有りません。死傷者の数は多いですが、グロな描冩はありません。微妙にお色気も出して居ます。最後に仮面を脱ぐ大物スパイがゾルゲに似た感じですが、長期潜伏する間者はあんな感じなのでしょうか。 見掛けは大義よりも幸せを求める女性の話の様ですが、國家間の紛争を引き起こして世界を混乱に陥れ覇権を握ろうとする策謀の繰返しだった二十世紀的思考からの脱却というメッセージは込められて居ると思います。ただ、其れを強調し過ぎない様にして居るところに共感を感じさせられます。最後の場面は、逃亡というよりも未来に向けた疾走の様で、少し明るい終わり方になっているのも本作の味です。

  • 3.00

    リアリティに乏しい娯楽映画。

    エンマ

    2010年公開のアンジェリーナ・ジョリー主演、スパイアクション映画。思ったよりスケールが大きい話なのに驚いたが、それらがミクロな状況に矮小化していく様は残念。説得力に乏しい設定やご都合主義の脚本を気にしないことがこの作品を楽しめるコツか。俳優陣ではロシア大統領とアメリカ大統領にまったくもってオーラが感じられず、壮大な計画のリアルさが感じられないのはもったいない。ラストシーンも続編に色気を出したような内容で、尻切れトンボの印象はぬぐえない。唯一、主演女優であるアンジェリーナ・ジョリーの気合の入った演技を楽しむにはもってこいの作品なので、細かい点に目をつぶってそこを楽しんで欲しい。

  • 5.00

    アンジェリーナ・ジョリーは凄い女優と感じさせる作品

    coffeeprince

    最近はB級や低予算映画を見続けたせいか、大作ならではの面白さを感じます。主人公は子供の頃から虎の穴の様な工作員養成所出身。タイガーマスクもそうでしたが、古今東西、身寄りのない子供を兵器に仕立て上げる創作ってありますよね。そして元ご主人と共演した映画より、こちらの方がアンジーの凄さが出ていると思います。女性のスパイとか兵士、暗殺者設定にありがちな緩さを排除した様な演技や演出が、その凄味を感じさせました。何回か、視聴者の裏をかくような脚本も面白いです。

  • 5.00

    ビター。

    potesala

    大人の映画と感じました。いつもは甘い映画ばかり選んで見てるんで、この映画は私にとってビターでした。ただ、見る価値あり。アンジェリーナジョリーは終始美しいし、かっこいいし、パートナーの温かみも素敵です。ストーリーもドキドキで飽きさせない。ネタバレをせずに何か書けるとすれば、、甘い映画ではないということ。それでも良ければおすすめ!

  • 2.00

    いろいろ無理がある。

    Rooney

    観終わった後にずっと違和感があってあとで調べてみると、元々はトム・クルーズが主演の予定だった作品。トム・クルーズが降板したのでわざわざ設定を女性に変更してアンジェリーナ・ジョリーが代演する事になった。だからかぁと少し納得できました。女性を主役にするには明らかにアクションが行き過ぎている。アクション映画にリアルは必要ないけど「リアルさ」は必要だと強く思った作品でした。彼女も頑張ってはいるけど、もしトム・クルーズだったらもっと面白くなったと思う。

ポケカV MAX クライマックス5BOX その他 最新作の

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ポケカV MAX クライマックス5BOX その他 最新作の

  1. ホーム
  2. その他
  3. ポケカV MAX クライマックス5BOX