★Club藤★【ロングコート付き■大島紬・アンサンブル】お仕立上 (3117) 着物 大流行中!

SAKE
正絹 六通袋帯【花菱】 No.848,

★Club藤★【ロングコート付き■大島紬・アンサンブル】お仕立上 (3117) 大流行中!

★Club藤★【ロングコート付き■大島紬・アンサンブル】お仕立上 (3117)
ご覧いただきありがとうございます(^^)/ いつも皆様にご覧いただけますように。。。 『お安く』『いいもの』を、私が選んでご紹介させていただきたいと 思っております。 ご不明点はお気軽にご質問くださいませ(*^^*) ==========商品説明========== 美しい光沢を放つ大島紬・・・ これからの時期、街着に是非お勧めしたいリッチなアンサンブル仕立!  アンサンブルは仕立をするだけでも¥5万円以上はかかります。 本誂えの優雅なアンサンブルで是非お楽しみくださいませ。 一度お召程度の綺麗な状態です。 ========品質・サイズ======== ●御仕立上り ●used品 ●正絹 ●袷 (着物) ・肩山総丈161㎝ ・裄丈65㎝(3㎝程でます) ・袖丈49.5㎝ ・前幅25㎝ ・後幅30㎝ (コート) ・肩山総丈122㎝ ・裄丈66㎝(2㎝程でます) ・袖丈48㎝ ・前幅23㎝ ・後幅32,5㎝ =============================== どうぞ宜しくお願いいたします♪ *一定期間経過後どなたともご縁がない場合は、出品を取り下げることがございます。 その点はご寛容くださいませねm(_ _)m (スミマセン) *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~ 全商品はこちらからどうぞ→ #kimono藤 #kimono藤振袖 <★Club藤★・★メルカリ★> ■お取引の対応は(月)~(金)となります。 ■(土)(日)(祝祭日)は、お休みとなります。

★Club藤★【ロングコート付き■大島紬・アンサンブル】お仕立上 (3117) 着物 大流行中!

★Club藤★【ロングコート付き■大島紬・アンサンブル】お仕立上 (3117) 着物 大流行中!

★Club藤★【ロングコート付き■大島紬・アンサンブル】お仕立上 (3117) 着物 大流行中!

  • 5.00

    やっぱりいいわ!

    Tommy

    「新聞記者」シム・ウンギョンさんを以前、ドラマか映画で見てるはず。恥ずかしながら今、この「サニー」に出逢いました。女性同士の友情をあまり信用していないこともありました。しかし、良かったです。こんな仲間が欲しかった。こんな想い出深い学校生活を私も送りたかったと涙しました。日本版が出てるようですが、何でしょう?見ない方がいいかもなあと思っています。韓国映画に感じられる独特の感覚(高齢であるからかも)想像を超える格差社会そして徴兵制度。その中で、地に足を付け時代を謳歌する生活感。とても心に響きます。とにかく良かった~!

  • 1.00

    不良品

    Amazon カスタマー

    2つ購入しましたが、1つは点いたり消えたり酷い不良品でした。2度と買わないでしょう。

  • 4.00

    熊舐めんな

    Amazoon カスタマイム

    山菜採りで山へ入って熊に襲われて・・・というニュースはつまりこういう状態なのだと、、、嗚呼熊には熊の生活があるのに、ひとたび人が出会ってしまったらそれは最強のモンスター!!!私はアウトドアの趣味はないけれど、行くことになった場合は人任せにせずに危機管理をしようと思わされた。地図とコンパス必須。武器常備。周囲に注意。熊の気配を感じたら即刻撤退。血の滲むような怪我をしても撤退。逃げる彼女が何度目を覚ましてもまだ森の中、というのがリアリティがあって悲惨。目を覚ましたところは病院のベッドでした!なんていかない樹海での遭難。

  • 4.00

    日本版の予習がてら見ました

    アマ太郎

    単に学生時代の仲良しグループが大人になって集まるというだけだが、音楽や現在と昔のシーンの移り変わりの美しさに惹かれる不思議さ

  • 5.00

    hanadanngo

    hanadanngo

    グッド、強力ライトを有難う御座います。自転車マンは、単三電池がベストです。

  • 3.00

    山での遭難と熊襲撃というストーリー

    Kazuhiro.K

    山を甘く見て「準備」をおろそかにしての遭難。そして熊の襲撃で山の恐ろしさを描いた作品。熊の襲撃については日本の「三毛別羆事件」に勝る物なし。この話を知ってから、これ以上怖い熊の事件は無いと思う。

  • 5.00

    あ~口悔しい、韓国映画に泣かされるなんて!

    KUBOCHIN

    大韓民国の政治的方向性が大嫌いな私が、またもや韓国映画に泣かされてしまった。アメリカ映画、邦画、その他いずれの国の映画でも、青春と音楽が合体して描かれた場合には失敗作というのは少ないだろう。(方向性の違うミュージカル映画 愛と誠 は珍しい失敗作だったけど)サニーが本国で大成功をおさめた要因はまずキャスティングの良さでしょうね。ヒロイン イム・ナミの現在を演じる1969年生まれのユ・ホジョン氏、そして女子高生時代を演じるシム・ウンギョン氏、お二人とも素晴らしいですね。映画冒頭の12分辺り、中年のナミが母校に向かう坂道を登校中の女学生達に揉まれる。そのうちに少女時代のナミに戻るシーンで”はっ”とさせてから、教室にカメラが移ると、クラスメイトが「止めてよ!」という隣の窓際で黒板消しをはたく女高生の姿。もうこのシークエンスだけで私は降参だ! …なんと懐かしい風景だろうか。わが日本国と韓国とは90年代だと世相風俗に時差があったようで、その後も映画で描かれる女高生たちの生活描写は私にはとても懐かしく、 Sunny達よりも15年先を生きていた異邦人、しかも異性である私の心が彼女達の感性に寄り添える快感がありました。Sunnyのメンバーを演じる他の女優さんたちも皆素晴らしくて、思わず吹き出すお笑いシーンから、日本の落語にあるような同じシークエンスを繰り返す「興信所事務所シーン」みたいな笑いまで、脚本が良いのは当然のこと、それらの笑いが隅々まで女学生たちの生活感にぴったり合ってこちらに響いてくる。泣かされるシーンだって沢山ありました。爺さんになった私の涙腺が緩いせいもありますが、少女イム・ナミのけなげで可憐な失恋シーンは、大昔に観たイスラエル映画「グローイングアップ」の主人公ベンジーが失恋した時の涙のラストシーンを思い出させてくれました。ベンジーの場合は一人泣きながら歩いていたのですが、本作では現在のナミが記憶の中の自分を抱き寄せるシーンになっていて、恥ずかしながら一撃で泣かされてしまいました。米国のヒットソングをさらっと流用する「こすっからさ」はいただけないけれど、韓国映画のファンタジー活用術は恐ろしいほど観客操作に長けてるなぁ と悔しい思いがします。日本で昨年この映画のリメイク版が公開されていますが、私の琴線に響く度合いはこちらの本家が上でした。私と同じ昭和三十年代生まれで 未見の方々には、鑑賞をつよくお勧めします。

  • 4.00

    仕事

    まさ

    明るさ

  • 3.00

    クマさんこわいわぁ

    ウフジロウ

    なんだろう。くまさんに襲われる映画かなーと思ったらなかなかクマさんでてこなくて、なんだか気になる人間関係を見続け・・・って思ったらビジュアルでびっくり!きゃーっでお・し・ま・い。だっただけどなぜかちょっと見応えあった。ストーリーとかどうでもいいし、後になってツッコミどころは満載だけど。

  • 5.00

    男でも感動

    良読

    誰にでも青春があった。歳を重ねる中で青春を忘れていく。しかし青春は、こころのなかに、仲間の心の中にずっと息づいている。一気に見てしまった。みんな幸せになってほしい。

★Club藤★【ロングコート付き■大島紬・アンサンブル】お仕立上 (3117) 着物 大流行中!

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

★Club藤★【ロングコート付き■大島紬・アンサンブル】お仕立上 (3117) 着物 大流行中!

  1. ホーム
  2. 着物
  3. ★Club藤★【ロングコート付き■大島紬・アンサンブル】お仕立上 (3117)