11GB PALiT製 GTX1080Ti PCパーツ 【好評にて期間延長】

ISO9001 ISO14001 JAB CM009
ZOTAC ZT-P10800B-10P 8g,
0565-21-1583
グラボ GeForce GTX 1080 ti,
0565-21-3579
美品 玄人志向 GALAX OCモデル RTX3060Ti WHITE LHR,
玄人志向 geforce rtx 3060 GK-RTX3060-E12GB,
GIGABYTE Geforce RTX 3070 VISION OC 8G,
14TB TOSHIBA 3.5インチ HDD MN08ACA14T,

11GB PALiT製 GTX1080Ti PCパーツ 【好評にて期間延長】

PALiT製 GTX1080Ti 11GB 【好評にて期間延長】

PALiT製 GTX1080Ti 11GB
GTX1080Ti11GB 買い替えで不要になった為出品します。 3年ほど使用していました。 ペット、タバコも吸っていません。 外箱はありません。 動作確認後発送させて頂きます。 エアーダスター等で清掃済み 値下げはいくらか出来ます。

11GB PALiT製 GTX1080Ti PCパーツ 【好評にて期間延長】

11GB PALiT製 GTX1080Ti PCパーツ 【好評にて期間延長】

11GB PALiT製 GTX1080Ti PCパーツ 【好評にて期間延長】

  • 5.00

    加藤の狂気

    SM Neuron

    ep4まで見ての感想日常にもいるような単純明快な人柄からのカオスな空間、、昔体験したような感覚を一瞬思い出し鳥肌が立つ、、この感覚はなんだったのか、、記憶の宮殿を逆走、、そうだ、キャシーと初めて出会った時のようなあの時の感覚だ一歩引いてみた時の無秩序感、、加藤最高だった!!またみたい!!

  • 5.00

    どんな脳みそしてるんやろ

    ジェノスピノ

    小藪さんが最後に語っていた「どんな脳みそしてるんやろ」に象徴されるように、ドキュメンタルでは、頭がおかしい人が強い。みんな芸人だから、正攻法の笑いは落ちも想像ができるから、心の準備もできて、基本我慢できる。でも、突然のアクシデントと、笑いの方程式から外れたことをやってくる人には対抗のしようがない。この方程式から外れた笑いこそが、ドキュメンタルの魅力だと思うし、「実験」たる所以のような気がする。これは、地上波では絶対に見られない。つまらない、不快だで終わってしまうから。いい意味で「頭のおかしい人」の脳みその中を見られる番組はそう多くない。批判的な意見が多いのも分かるけど、出演者の方には、どんどん寒いことでもつまらないことでも、頭がおかしい見たことのない笑いで、常人には持ちようがない脳みその中身を見せていってほしい。

  • 5.00

    エグいほど面白くて感動しました ※ネタバレあり

    slowstarter

    ※このレビューはネタバレを含んでいます。本編を最後まで視聴していない人は読まないことをお勧めします。タイトル通り感動するレベルで面白くてチャンピオンが決まった瞬間は画面の前で一人で拍手してしまいました。このシーズンが一番面白かったといっても過言ではありません。ドキュメンタル特有の人数が減ると盛り下がるということもなかったです。むしろ個人的にはザコシショウがツボだったので人数が減ってザコシショウの出番が相対的に増えた後半の方が面白かったです。●今回のメンバーについて。ザコシ、せいや、加藤、みちおはボケでそれ以外6人がツッコミだったので最初はボケが少なすぎると思ってしまいましたが、ボケの4人の手数が多かったのでいいバランスになっていました。ただ、後藤が全部のボケに綺麗にツッコめてしまうので小籔、宮迫あたりは役割を失って置物になっていた場面が多かったです。それから、今回は人のボケに乱入するカウンターができる人がいなかったように思います。過去シーズンで言うとフジモン、ジュニアは人の作った流れや微妙になってしまった空気を面白い方向に転がすのが上手かったのですが、今回は「なんやそれ」などとツッコんで終わりで、膨らまずに流れてしまったことが多かったと思います。そういう人が居れば加藤はもっと輝けていたと思います。それもツッコミが多すぎたからなのかもしれません。●第1話でのネタバレについて。これは好みもあるでしょうが、自分はそのシーズンのチャレンジャーが誰かというのも楽しみにしているので、扉から入ってくる所で初めて知りたいのですが、1話冒頭のダイジェストでそれがわかってしまう演出は好きではありません。それと収録後の松本人志氏のコメントを冒頭で流すのは完全に蛇足です。まず冒頭インタビューでの「6時間後」という字幕、一応タイムアップ前に9人脱落して決まるというルールもあると思うので、その字幕を出されると判定勝ちということがわかってしまいます(シーズン5で残り1人がゾンビに耐えるという謎ルールもありましたが…)。あとその6時間後のコメントで「予想通り」と言っていたのを冒頭に流すのは絶対にしてはいけないことです。そこでもうザコシ優勝の予想が90%ぐらいついてしまいました。●助っ人システムについて。このルールはいらないです。撤廃してほしいです。停滞した空気になるのを防ぐためのものだと思うのですがむしろ流れを断ち切っていることが多いです。自分はシーズン1・2の終盤のような停滞してメンバーが追い込まれている空気も好きなのでこのルールは好きではありません。まあ今回のメンバーでは6時間くらいでは空気が停滞することがないというのも原因の1つではあると思いますが。それに助っ人システムはどうしても笑わせる側と耐える側にハッキリ分かれてしまうのでドキュメンタル特有のハプニングや相乗効果が生まれないのが面白くない原因となってます。同じ理由でゾンビタイムも自分は反対派ですが、過去にゾンビタイムで面白い場面があったのと準備した物が出せずにリタイアした芸人の救済などと考えると仕方ないことだとは思います。●総評とあとがき。一番感動したのが終盤ザコシが小籔と宮迫を同時に落とした場面で、ドキュメンタル史に残る名場面のひとつになると思いました。加藤はほんと頑張ってた!何よりもアクティブなことに好感が持てる。彼の作る空気感はまさにドキュメンタルならではの笑いという感じがしました。あそこにフジモンがいたらどうなっていたのか見たいですね。あとは人に頼らず自分でゴールできれば最高。みちおは何をしてくるかわからない感じがワクワクしたし、ボケのニッチさというかアングラ感も結構好きでした。仕方ないけど単純に芸人同士の団体芸のスキル・経験が足りなかったですね。自分で仕掛ける所以外は何もできていなかったです。そこが出来ればとろサーモン久保田や野生爆弾くっきーのようにドキュメンタル向きの芸人になれるとは思うのですが、彼には今のまま突き進んでほしいとも思っていて複雑です。最後にザコシショウ。強すぎます。エグいです。6時間ずっと面白い。どんだけネタ持ってるんだ。唯一カード切られたのが金正男というのも彼らしくて最高でした。以上です。次回も楽しみにしています。長文失礼しました。

  • 4.00

    下ネタ少なめでシンプルに面白い

    細谷駿

    ザコシ最強!2連覇は納得です。それにしてもザブングルあいつしつこい。。。面白いタイミングがたまーにだから9割おもんない時間続いて、そのせいでほかのおもろいやつの時間つぶしてる女芸人いなかったのもまた面白さの一つだったジミーちゃんとかは自分の世界に引き込んで戦うある意味ザブングルとは同じだけど引き際とか、面白さが段違いザブングルじゃなくてジミーちゃんなら最高峰だったかも、と思う内容だった

  • 4.00

    演出過剰

    名無し

    メンバー・内容は良かったザブングル加藤も不満はあるがここの人達ほどではない気になるのは、地上波の番組のようなオープニングムービーあれは全く不要ではないか?他の吉本が関わっているprime専用番組(カリギュラとか)でも感じたがあまりにも「TV的な映像作り」をし過ぎているため演出過剰でクドく感じたファイター風の男二人が殴り合ってる絵は番組のテーマを表現しているわけでもなく、ただ無駄な時間TV的な映像作りから脱却してくださいせっかくの新しいチャネルなので

  • 4.00

    松本崇拝番組とその世代おっちゃん崇拝者番組

    雄太

    シーズン1~7観た者です。レビューを見ると女芸人は面白くないやら判定が甘いやら空気読めない奴がいるとか。様々な批判が目立ちますし、また「えっ、」っていうくらい面白くない場面や「ククッ」ってほどこらえきれないシーンがたくさんあります。これを個人への攻撃や〇〇がしつこかったつまらなかったなど空気感、吉本感に左右されすぎだと思います。笑いとは=吉本なのか。 松本ありき企画なのでこんなの言ってもどうしようもないないんですけどね。それはもちろん個人の笑いのツボや好みだと思います。それぞれです。評論家気取り「笑いとは」みたいな芸人気取りのレビューは気にしなくていいと思います。シーズン7面白いと思いました。私の意見では松本絶賛のコシショウも加藤もズレてる。ただ、このドキュメンタルを楽しみにしている皆さんが望んでる笑いは、吉本の飲み会身内ネタでもなく、下ネタでもなく、松本のお気に入り人コイツこんなんやれるやん会でもないと思います。時代錯誤だなと思いました。( 評論家気取り)吉本松本自己満番組じゃなく「ドキュメンタル」なら、本当に面白く我慢できそうで冒険しそうな芸人さんを連れてきてください。

  • 4.00

    加藤は要らない。

    Jack

    ザコシが最高に面白かった。ザブングル加藤は他の芸人から嫌がられているように見えた。実際、面白くないし急にキレたり泣いたり気持ち悪い顔芸でゴリ押し。挙げ句の果てに、他の芸人が呼んだ助っ人を巻き込んでクソネタを再開。全裸で前転しながら移動して XXXで何が悪い! とでも叫んでれば面白かったかもしれないが、ザブングル加藤は二度と出ないでほしい。加藤を擁護してお笑いを分かってないと言ってる少数派も居るが、誰が何と言おうと大勢を笑わせた者が勝ちである。

  • 4.00

    やっぱりドキュメンタルはおもろい。

    KR

    仕掛けまくるザコシとそれを耐える9人という構図がすごくおもろかったです。皇帝キャラで、これからもどんどん出演してほしいです。残念なのが、ハチミツ次郎。1回ザコシを笑わしただけで、存在感ゼロ。最後のコメントもカットされてたということは、コメントも全部おもんなかったのかな。笑まったく笑わんし、途中何もしないんかい!というイライラは少しありました。笑次回作にも期待!

  • 4.00

    面白かった

    花岡

    面白かったです。SEASON1の頃は芸人の上下関係アリアリ(後輩芸人は理不尽にしばかれたり)で空気もピリピリしてましたが、段々とその空気は無くなり今回のせいやのように毒舌も許される流れに。小藪が登場した時にまたその空気出るかなっと少し不安になりましたがそんなことは無く、少し小藪を見直しました。加藤は必死だったのは分かるけど邪魔でした。今後見たいのはちょっとやばい系芸人&攻撃する芸人&場を回す芸人ですね。サイコパス系でバイきんぐ西村、かまいたち山内、和牛水田、パンクブーブー佐藤攻撃型でくーちゃん、ザコシ、ロバート秋山場回しでノブ、後藤、フジモン

  • 4.00

    加藤が残念

    SK

    全体的によかった。すべて男性だけで変に気を遣わず見れた。トムブラウンの人とかもっと見たかったけど加藤がとにかく空気が読めなくて面白い部分も前半はあったけど後半はとにかく黙っていてほしかった。加藤がいることで面白さがなくなった部分もたくさんあったのでもったいないと思った。あとはちみつは最悪。何もしないし覆面と金正男だけ。なんの意味があるのだろう?戦わないのであれば出演しないべき。ザコシは相変わらず人の良さも面白さも含め良かった!好感がある。人選は難しいと思うが、加藤、山本、斉藤のような人は選ばないほうがいいのかなと思う。でもTV番組よりずっと面白いのでずっとずっと続けてほしい。

11GB PALiT製 GTX1080Ti PCパーツ 【好評にて期間延長】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

11GB PALiT製 GTX1080Ti PCパーツ 【好評にて期間延長】

  1. ホーム
  2. PCパーツ
  3. 11GB PALiT製 GTX1080Ti

金型開発・試作Mold development & Prototype

金型製造技術と塑性加工技術で
お客様のニーズにお応えします。

弊社では自動車業界を中心とした燃料電池用金属セパレータなどの各種製品の開発支援・試作を、メーカー様と共に15年以上行ってきた実績があります。金型設計~トライ~量産までお客様と共同開発を行う事で、製品機能を落とすことなく開発段階でのVA・VE提案を行います。また、次世代の自動車部品を開発する上で発生する技術課題を、お客様と一緒に解決していきます。

ニシムラの開発支援・試作3つのポイント

01 「設計~トライ~量産」まで一貫して共同開発

弊社では自動車業界を中心に、金型設計・製作~トライ~量産までお客様と生産技術開発を多数行ってきました。お客様での製品設計段階から、共同開発を行うことにより、お客様の求める品質とコストに対し、塑性加工、生産技術的な側面からサポートし、目標達成に向けた取り組みを行います。

  • 打ち合わせ
  • 課題提出
  • 成形実験
  • 検証
  • フィードバック
  • 本型設計
  • 本型製作
  • トライ調整
  • 製品出し

02 開発・試作段階での「提案」

試作コスト低減

開発・試作金型の費用低減と短納期を実現するために、弊社保有のダイセットを使い、金型の入子のみを製作する事で安価且つスピーディーな試作対応が可能。

安定した品質

安定した成形品を生産するために、プレス成形性の検討と最適な金型検討を行います。ステンレスやチタンなど難成形材についても、安定した量産を実現するための提案を行います。

03 ニシムラの開発支援を支える「3つの約束」

お打合せは全て技術者

お客様との打合せは、全て技術者である技術営業課が行っています。お打合せがスムーズに進むほか、具体的な提案をその場で行えるメリットがあります。また必要があれば、設計者も同行可能です。ニシムラには、ものづくりを円滑に行うための準備があります。

スピーディなものづくり

ニシムラでは、仕事のスピード感覚を大事にし、製造工程においても、「技術」と「スピード」のバランスを取りながら進めていきます。

お客様想いの開発を

ものづくりの業界において、コストダウンや納期短縮の要求は年々高まる一方です。その反面、部品機能が低下しブランドイメージを傷つける結果になっている事例もあります。ニシムラではお客様のニーズをしっかり受け止め、手掛ける製品については、機能を低下させない提案を積極的に行っています。※改善提案ポイント:材料、工法、設計・製品形状、他

燃料電池車向け金属セパレータ
高精度金型設計製作・プレス成形は下記よりご相談下さい。
0565-21-1583

受付時間 | 8:00 - 17:00 月〜金

0565-21-3579