キヤノン EOS HKC M2 デジタルカメラ 【予約中!】

SAKE
FUJIFILM X-T10とズームレンズXC16-50mmのセット,

キヤノン EOS M2 HKC 【予約中!】

キヤノン EOS M2 HKC
EOS M2のHKC仕様です。 星景撮影等に使用していましたが、別の機種を使うようになったため放出します。レンズ及び各撮影に対応するフィルターはご用意ください。 ホワイトバランスはリセットしました。 付属品は説明書、フロントキャップ、バッテリー1個&充電器、USBケーブル、ストラップ。全て純正。 元部品は付属しません。

キヤノン EOS HKC M2 デジタルカメラ 【予約中!】

キヤノン EOS HKC M2 デジタルカメラ 【予約中!】

キヤノン EOS HKC M2 デジタルカメラ 【予約中!】

  • 3.00

    「人間を描きたかった」は、ダメ

    p

    公開前のインタビューで「人間を描きたかった」と聞いて、嫌な予感がしていました。特撮もので(大河ドラマとかもそうだが)こういうことを言いだして、面白い作品ができたためしは、ほとんどありません。特撮は前作を超える良さであり、凡百の怪獣物より、確かに良い作品ではあるけれど、3部作の中では一番つまらない。詰め込みすぎのストーリーとか、いろいろ問題点はあるだろうが、安易な「人間ドラマ」を持ち込んだことが、一番の問題です。

  • 3.00

    完結していない感じ

    トロロ

    途中までは期待どおりで面白かったが、最後に世界中からギャオスの大群が日本に向かっているという情報が入ったところで物語は終了している。その後どうなったのか、あるいはどうなるのかの予想さえ立たないままでおわっており、終わっており、尻切れトンボで完結していない感じがした。

  • 4.00

    う~ん、もう一声(・・;)

    冬彦

    イリスとの派手な格闘シーンが見たかった(。。;)それに、イリス誕生の描き方がイマイチ良くないなぁ~(><;)それに、これは続編が必要でしょう?興行収益が良くなかったのかな?

  • 5.00

    怪獣映画なのかこれ

    パーフェクトジェントルマン

    光を浴びる正義のヒーローの影を描いた作品です。ガメラがギャオスと戦う時に被害に遭う人々が惨たらしく死んでいく描写や禍々しくなったガメラにFFの召喚獣のようなイリス...と見ていて飽きません。完全に子ども向けではありません。前田愛との合体wwに夢中になりすぎて腹パンでKOされたイリスがちょっと哀れでしたが。

  • 4.00

    一見の価値はあり。

    Amazon カスタマー

    空を真っ黒に染めるギャオスの群れとか、ガメラのド迫力空中戦とか、突然の東京と京都駅の大破壊とか、映像的には素晴らしいの一言なのだが、たどたどしいストーリーテリングと、雑なディティール、さらにたどたどしいメインキャストの演技がなんともかんとも。イリスたんも、3D映えしないデザインで、なんとも歯がゆい。とはいえ、日本怪獣映画の中興の祖であることに変わりはなく、何よりあの悲壮感あふれるラストからの美しくも物悲しいエンディングテーマでムリヤリ感動させられてしまう。レギオン襲来ほどの完成度はなく、あと一歩で傑作になりそこねた秀作、というのが個人的な感想だが、やはり三部作通してみて欲しい。プライム会員なら無料だし。

  • 5.00

    特撮映画の頂点

    カスタマー

    に位置するクオリティだと思います。これが20年前だなんて…幼い頃、家族に連れられて映画館に行きました。ちょっとエッチなシーンもあって、幼心に気まずさを感じました。やたら深刻な物語だな、と思いつつ、歳を重ねてから見るとよりいっそうの興奮が。京都駅にいくたびにこの映画を思い出すのは自分だけじゃないはずです。中山忍さんも藤谷文子さんも「1」とは打って変わっておとなになっているのも素敵です。連作ものは登場人物の変化にこそ感動があります。とにかく続編が見たい。自分が富豪だったらポケットマネーで全額出資します。

  • 5.00

    20年経っても

    seisk

    久しぶりに見ました、今見ても全く古臭さを感じさせない特撮です。

  • 5.00

    平成ガメラ最終章

    YOUWIN

    平成ガメラ最終章の敵は、古来より柳星張と言う神獣として語り伝えられて来たギャオスの亜種イリス。 他の生命体の遺伝子情報を血液から吸収し、なおかつ、ガメラによる災厄で両親を失った比良坂綾奈(前田愛)の復讐心を取り込んでパワーアップしようとする。 古代の中国より伝わる四神獣の「南の朱雀」「東の青龍」「西の白虎」「北の玄武」の内の、「南の朱雀」と「北の玄武」の敵対関係を描いており、『2』のようなSF感よりオリエンタル的なジパング感が作品を占める。 イリスが比良坂綾奈(前田愛)の復讐心と完全に融合した場合、『2』のレギオンを倒したガメラより強くなるとされてるが、その完全融合の手前でガメラが阻止するのには感動する。  更には、己で隻腕になりながらバニシングフィスト(爆熱拳)でイリスに逆転し、ラストで無数のギャオスを迎撃するガメラの勇姿は正しく雄々しい侍そのものである。

  • 5.00

    怪獣映画の決定版なシリーズ

    NEON

    金子監督によって撮られたこの平成ガメラの3部作は、昔の初期のゴジラの時代から長きに数多くの作品が撮られてきた日本の特撮怪獣映画の中でも突出した傑作シリーズだと思います。多くの住民が暮らす都市や街で、怪獣が暴れた時の災害としての甚大な被害のや怖さ、そういう災害のように暴れまくる怪獣に対しての自衛隊の戦いの描写もリアル感があってスリリングです。この劇中のガメラや敵怪獣の造形のデザインにも、この当時として画期的だったリアル感やカッコ良さもあって特に3作目でのガメラの造形は凄みが増して素晴らしいです。また劇中での怪獣を巨大で怖く見せる画面の構図の良さとスペクタクル感もあって、大人が楽しめる怪獣映画として仕上がっているところが、この平成ガメラ3部作ならではの醍醐味です。これまでの他の怪獣映画の作品では描ききれてなく物足りなっかたポイントを見事に改善してエンターテメントに仕上げた金子監督の手腕は凄いです。この監督の別作品で、映画「デスノート」や2001年版で「ゴジラ」映画でも監督になっているが、スリングな演出で面白かったです。

  • 4.00

    まあまあ良かった。

    SARA

    今までのガメラは可愛いけど、このガメラはかっこ良く仕上がっている。ガメラとイリスの戦いは迫力あったとおもいます。♪───O(≧∇≦)O────♪

キヤノン EOS HKC M2 デジタルカメラ 【予約中!】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

キヤノン EOS HKC M2 デジタルカメラ 【予約中!】

  1. ホーム
  2. デジタルカメラ
  3. キヤノン EOS HKC M2